住宅ローンの借り換えと繰上返済はどっちがお得?

住宅ローンの返済額を減らしたいのですが、借り換えと繰上返済ではどちらが効果大きいかを調べてみました。

住宅ローン借り換えに保証人は必要か

住宅ローンの借り換えを利用する場合、保証人が必要となるのではないかと考える人もいるでしょう。

借り入れ金額が大きいため、保証人を頼む場合に、頼める相手がいないという人も多いかと思います。

保証人と聞くと、親兄弟であっても、すぐに同意することができないという人も少なくありません。


ですが、住宅ローンの借り換えの場合には、保証人を必要としない場合が多くなります。

保証人を必要とせず、保証会社にお金を支払うことで、保証会社が保証人の変わりになってくれるのです。

保証料は、住宅ローンの借り入れの際に支払うことが多く、諸費用の中に含まれて計算されています。

銀行によっては、保証料を不要としている場合や、保証料を、金利に組み込んで契約をしている場合もあります。

保証料は借り入れをする金額によって変わり、数十万円の支払いとなることがほとんどとなりますから、保証料の支払いがあるかどうかは非常に大切です。

ですが、保証会社にお金を支払っているからといって、住宅ローンの返済ができなくなってしまったら、残債が0になるわけではありません。

保証の内容としては、住宅ローンの返済に滞りが生じた時に、保証会社が立て替えてくれるだけとなります。

返済が滞ってしまった分の返済は、銀行ではなく、保証会社に返済することになります。

保証料には、借り入れの返済できなくなってしまった場合に、住宅を売却し、銀行側に借り入れを返済しなければいけないということを防ぐ効果があります。