住宅ローンの借り換えと繰上返済はどっちがお得?

住宅ローンの返済額を減らしたいのですが、借り換えと繰上返済ではどちらが効果大きいかを調べてみました。

住宅ローンで節約をする

住宅ローンを利用して節約をするためには、繰り上げ返済を頻繁に行うことが良いでしょう。


住宅ローンは、繰り上げ返済を頻繁に行うことでそれだけ金利の支払いを抑えることができますから、確実に節約となります。


その他にも入手金手数料がいつでも無料である銀行と契約をすれば、他行であっても、提携している銀行からの入出金であれば、いつでも手数料がかからずに入出金ができます。

そうすることで100円から200円程度節約をすることができます。

回数が増えればそれだけお得になりますから、時間外にATMを利用することが多い場合には、そのような銀行と契約をする方が良いでしょう。


その他にも、繰り上げ返済手数料ができるだけ無料か、格安であるような銀行であれば、繰り上げ返済時にお金がかかりません。

最近では繰り上げ返済手数料が無料である銀行が増えていますから、住宅ローンを利用することで、少しでも家計の助けになるような銀行と契約をすると良いでしょう。


住宅ローンの金額は数千万円となる人が多く、多少の金額はあまり気にならないという人もいるかもしれませんが、少額でも使い続ければそれだけ大きな金額となります。

住宅ローンの契約をする際に必要となる、抵当権の設定をする司法書士も、銀行で指定の司法書士と契約をしなければいけない場合もあります。

自分自身で指定することができる場合もありますから、少しでも安い価格で抵当権の設定をしてくれるような司法書士に依頼するのも良いでしょう。